Scantec(スキャンテック)福岡|福岡市のスキャニング代行サービス

地域最安値!お見積もり無料/出張スキャン対応/同業他社からの発注も歓迎!

ホームスタッフブログ ≫ 働き方改革のお話(その1) ≫

働き方改革のお話(その1)

昨今、「働き方改革」という言葉をよくニュースでも耳にすると思います。特に問題となっているのが「ブラック企業」といわれるような過酷な労働環境による従業員の過度な時間外労働や有給取得率の低さなど、日本中の多くの企業が対策を迫られるなか、健康機器メーカーのタニタが新しい働き方改革として、従来の「社員」という雇用形態から、希望者に限り「個人事業主」として独立させ、「業務委託」という形で社員の収入を確保するという「社員の個人事業主化」への取り組みを始めたという記事を読んだ。

谷田社長の考え方はこうだ。要は、単純に「働き方改革=残業削減」ということではなく、その個人の裁量で働きたい時間に働き、適切な報酬を受けるという仕組みを確立することが「働き方改革」といえるのではないか?と。
しかもこの「社員の個人事業主化」の大きなメリットとしては「個人事業主」であることから、自社(タニタ)の仕事だけでなく、他社からの仕事を請け負うことも自由だそうで、そうすることによって全員が社員時代よりも報酬は増えているそうです。また、従来の人間関係も上下無くフラットな関係になるということで、まさにWin-Winの関係といえるのではないでしょうか。
 
ちなみに、どうしてこのような取り組みを始めたかというと「経営難に陥った時に、どうすれば優秀な人材を確保できるのか?」というところが起点となったようです。やはり「企業は人なり」といわれるように個々の人材を重要視する経営者として正しい考え方だと思うし、それを実践しているすばらしい企業であると感じました。
 
もちろん、まだこの取り組みも始まったばかりで様々な批判もあれば問題も出てくるのでしょう。ですが、すごく画期的なチャレンジだなと感心するとともに、こういうのを「改革」というのだろうな...と思いました。
私はこんな「改革者」にはなれませんが、ペーパーレスから「業務効率の向上」をお手伝いすることで、少しでもお客様の「働き方改革」に一役買うことができれば幸いだと思っております。


 
余談になりますが...この「働き方改革」について書くときに、私が32年間務めた会社のことが頭に浮かびました。リニューアルされたホームページには「働き方改革応援!」「残業代削減に貢献します!」とありますが...失礼ですが笑ってしまいました。実際にやってることとあまりにも掛け離れ過ぎてたもんで(笑)

まずは「自社内から取り組むべき」だと思います(笑)
 
2019年09月05日 16:30

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

Scantecスキャンテック福岡

〒812-0897
福岡県福岡市博多区
半道橋1-6-36-801

092-600-4318

受付時間 9:00~18:00
日曜・祝日定休

サイドメニュー

モバイルサイト

Scantec福岡(スキャンテック福岡)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら